本当に痩せたフルーチェダイエット

furutye

 

三十路を過ぎた頃からか、食事の量は以前と一定なのに、何故か体重が増加するようになってしまいました。

 

会社の健康診断の折に看護師の資格を持つ同僚に相談してみたところ、それは加齢に伴う代謝量の減少ではないかと指摘されました。

要するにじっとしていても消費するカロリーが、若い頃に比較すると少なくなるのだそうです。

 

そこで何か良いダイエット方法はないかと尋ねて見たところ、「個人的なアイディアだけど」と前置きをして、教えてもらったのが「ペクチンダイエット」です。
ペクチンは、牛乳などの乳製品を混ぜることで凝固する性質があります。

 

さらに食べた後は、胃や腸で水分を吸収して膨張する性質もあります。
つまり少量でも満腹感を得ることができ、しかも腹持ちが良い成分と言うことができます。

 

スーパーや100円ショップに行ってペクチンを含まれた食品を探してみましょう。
お菓子コーナーなどに豊富にラインナップされている筈です。

 

牛乳と混ぜるだけ」などと言って、古くから宣伝をされている為、商品名をご存じの方も多いと思います。

 

そうです。
ハウス食品の「フルーチェ」です。
商品のパッケージの成分を確認してみて下さい。

 

ペクチン(ゲル化剤)」と言った意味の文字が成分表に載っているはずです。

 

私はこのお菓子を一般的な昼食に置き換える事で、ダイエットを実行しました。

 

結果的には、1週間に1キロ弱、トータルの2ヶ月で7キロ程度の減量に成功しました。

 

男性の食事としては、お菓子に該当する食品ですので甘すぎると感じてしまうのが難点でした。
しかし甘みを好む女性には、ピッタリなダイエット食品ではないでしょうか。

 

肝心の価格の方も、所詮お菓子ですから、たかが知れているという点も大きなメリットです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ