こんにゃく、豆腐、お麩のローテーションで痩せよう!

 

いざダイエット!と意気込んでも、いきなりダイエット食品に切り替えると、なんだか日々の食事は急に味気ないものになりがちです。
その結果三日坊主になっては元も子もない。

 

そこで、少し先を見据えて「長く続ける」事を視野に入れた私のダイエット用の食事を紹介します。
まず、一般の「ダイエット食品」と銘打たれたものは購入しません。

 

金額的に長く買い続けることは無理でしたし、何より食事を急にドリンクやローカロリーレトルトに置き換えることはすぐにダイエットが続かなくなる気がして、最初に排除しました。

 

次に、よくあげられるダイエットに良い食品、「こんにゃく」、「豆腐」。

いわゆるローカロリーな食品を使ったメニューのレパートリーを増やすことでした。

 

最近はどちらも色んな種類のものが売られているので、それほど困らずに10前後のメニューを揃えることが出来ました。

 

こんにゃくは入れるだけでかさ増しにもなりますし、麺料理のように食べること目的に作られたものは食欲の落ちる夏場かなり便利です。
豆腐にも麺のようになっているものがありますし、何をかけるかでメニューはかなり増えます。

 

そのままの豆腐に飽きたら、冷凍庫で凍らした後に解凍すると高野豆腐と豆腐の間のような食感が楽しめます。

 

それ以外での工夫としては煮物等の場合は一緒に煮ている鶏肉がもも肉だったりするので、それをささみに変えたりしました。
あきらかに油っぽいものいがいは極端に避けたりせずに、できるだけこんにゃく、豆腐を取り入れられるように食事の計画をたてました。
寒い時期になればお麩もなかなか便利です。
カロリーの低い汁物や煮物に入れれば満足感が味わえます。

 

お麩自体はタンパク質なのでそれなりにカロリーもありますが、「大事なのは長く続けること!」と思っていたので、お麩は好きであればとても役に立つ食材でした。

 

あとは食物繊維を摂ること。

間食を避けること。
基本的なことですが、それに加えて食事は日々の楽しみでもあるものなので、過度な無理は避けて、工夫や料理を楽しめればそれはステキなダイエットになると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ